コンピュータシミュレーション実験コンピュータシミュレーション実験

現代の「ものづくり」では、手を動かして実物を作るだけでなくコンピュータの中で原子レベルでものをつくる、すなわち「物質設計」も重要な概念のひとつです。この実験では、コンピュータ上で分子や結晶などを作成し、それまでの講義で学んだ分子軌道・状態密度などの原子レベルの情報をコンピュータに計算させて目で見て確認すると共に、物質が現実世界で示す固有の性質にそれらの情報がどう影響するのかを学びます。

シミュレーション_web4