尾崎専任講師が応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞を受賞尾崎専任講師が応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞を受賞

2018年3月19日

尾崎専任講師が応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞を受賞

先進エネルギーナノ工学科の尾崎壽紀専任講師が、第9回応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞 に選ばれ、第65回応用物理学会春季学術講演会 にて表彰を受けました。

応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞は、超伝導に関する顕著な業績に対し、40歳未満の若手研究者に贈られるものです。

受賞論文:A route for a strong increase of critical current in nanostrained ion-based superconductors,” (Nature communications 7, 13036, 2016)

筆頭著者:Toshinori Ozaki

http://www.nature.com/articles/ncomms13036

 

・応用物理学会:

https://www.jsap.or.jp/

・応用物理学会超伝導分科会:表彰(超伝導分科会論文賞・超伝導分科会研究奨励賞):

https://annex.jsap.or.jp/support/division/super/commendation.html