12月8日(金)、理工学部講演会「超高速光制御技術で拓く融合光科学 -物質材料科学から生命科学・医療応用まで-」12月8日(金)、理工学部講演会「超高速光制御技術で拓く融合光科学 -物質材料科学から生命科学・医療応用まで-」

2017年11月24日

理工学部講演会を下記の要領で開催いたします。是非ご参加ください。

日時:201712月8日(金)15:10〜16:40

場所:神戸三田キャンパス VII号館 1F 111号教室

講演者:三沢 和彦 教授(東京農工大学大学院工学研究院)

講演題目:超高速光制御技術で拓く融合光科学 -物質材料科学から生命科学・医療応用まで-

講演概要:
 東京農工大学 三沢和彦先生のグループは、多分野の外部機関と積極的に共同研究を推進することにより、三沢先生のグループが独自の技術として有する「超高速光位相制御」を基盤として、生命光科学・物質材料光科学・地球環境光科学という新たな「融合光科学」を創生する試みを行っています。光科学は物理学のカテゴリーの中でも異分野との親和性が極めて高い学理を持ち、従来の学術分野を基盤的かつ横断的に融合させる潜在力を持っています。
 本講演では、融合光科学に関わる①光を創る、②光を操作する、③光で追跡する、④光で制御する、⑤光で診る の研究活動をいくつか紹介していただきつつ、三沢先生が専門とする超高速光科学の学際性を論じていただく予定です。

担当:先進エネルギーナノ工学科・教授・藤原明比古

講演要旨は下記のリンク先をご覧ください。
 20171208講演要旨【PDFファイル】
(「(ファイル名)は移動または削除された可能性があります。」という表示が出た場合は「再試行(R)」をクリックしてください。)