コンセプトコンセプト

先端ナノテク研究から次世代のエネルギー革新へ!

エネルギー政策の再構築が求められているいま、この問題の解決を先端ナノテク物質・材料研究の視点から解決しようとするのが先進エネルギーナノ工学科です。温暖化防止などの自然環境保全と経済的成長を両立させ、さらに省エネルギーを実現する持続可能な次世代エネルギーの在り方を探究します。

 

ナノテクノロジーを共通の基盤技術として、「エネルギーを創る・蓄える・運ぶ・有効に使う」の一連の流れについて、それぞれの段階において教育・研究を推進します。分散型エネルギー社会のキーテクノロジーと先進エネルギー領域の先端研究を実施。産業や生活に必要不可欠なエネルギー分野での技術革新に取り組み、課題の解決に貢献します。

 


 

イノベーションを先導する基礎研究
オープンイノベーション型教育研究スタイルによる基礎重視の教育体制と課題解決型の研究開発スタイルによる動機付けを重視した実践教育。基礎からのイノベーションを目指します。
幅広い学問領域にアプローチ
基礎分野はナノテクノロジー。物質機能の理解と制御を行う基礎分野を重点的に修得します。また、エネルギー問題を解決する実践的な半導体・超伝導工学などに関する学問も学べます。           
新しい融合領域に挑戦
大学学部レベルで初の、非原子力“エネルギー分野”と“ナノテクノロジー”の融合領域学科。ナノテクを駆使して物質から新機能を引き出し、エネルギー問題を解決するイノベーションへとつなげます。