カリキュラムカリキュラム

エネルギーを「創る」、「蓄える」、「運ぶ」、「有効に使う」の4つの分野毎に、具体的な材料・デバイス・システムを想定し、そこで必要となる物理学・化学の基礎から、使用されているナノテクノロジー、そして次世代のエネルギー関連技術までを学ぶカリキュラム。
各授業科目は、一つの分野に偏ることなく、またそれぞれの分野の関係性を意識した構成に。さらに、物質・プロセス設計、材料・デバイスのプロセッシング・分析等の共通基盤技術に関わる授業科目を開講し、「ものづくり」に関連した先端科学・技術の基礎を重点的に身に付けます。
工学のための理学をよりよく理解し、実社会からの要請に対応できる基礎力を身に付けるだけでなく、身に付けた基礎力を発展させ、新しい材料・プロセス・デバイス・システムを創造できるような、複数分野にまたがる、または境界分野で活躍できる研究者・技術者の育成を目指します。

先進エネルギー分野全体をナノテクの基礎から学ぶ先進エネルギー分野全体をナノテクの基礎から学ぶ

先進エネルギーナノ工学評論

特徴的な授業

先進エネルギーナノ工学入門

先進エネルギーナノ工学の概要を説明すると共にナノテクノロジーと自然再生エネルギーに関する基礎知識を身に付けます。

モノづくり理工学実験Ⅰ・Ⅱ

実際の「ものづくり」を通したナノテクノロジーの入門実験で、ナノ物質の設計から合成、加工、そしてそれらの評価を実体験し技術を習得します。