教員紹介教員紹介

若林 克法 教授

物質の新物性と機能をデザインする

グラフェン、遷移金属ダイカルコゲナイド系物質などの原子膜物質では、ナノスケール効果や端や表面・界面での幾何学効果によって、電子物性が強い変調を受けます。
原子膜物質における電子物性を理論および計算科学の手法によって解明し、新機能設計や物性予測を行います。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

若林 克法 教授

小倉 鉄平 准教授

計算化学の力で“ものづくり”に貢献する

量子化学計算、詳細反応機構を用いた反応解析、流体反応連成シミュレーション等の計算化学的手法を駆使し、完全に理論だけに基づいて実スケールや実時間に対応した反応プロセスを再現する事に挑戦しています。具体的な研究対象としては燃料電池電極や水素製造触媒における現象解明、理論的設計に取り組んでいます。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

小倉 鉄平 准教授

水木 純一郎 教授

放射光X線を利用した物質のダイナミックスの観測により新機能発現機構を解明する

物質の構造と機能の関係を明らかにして物性・機能発現機構を解明し、それを新しい物質創製につなげることを研究の目的にしています。物質のなかでも主に、超伝導材料、誘電材料、触媒を研究対象として、それらの物質がもつ電子励起状態を明らかにし、新たな機能を生み出すことを目指しています。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

水木 純一郎 教授

金子 忠昭 教授

極限環境プロセッシング技術で、省エネルギー社会へ貢献

2000℃を超える超高温と超高真空化でのプロセス技術を確立し、高品質グラフェンの開発、SiC結晶表面の原子配列制御技術の開発を通して、省エネルギー社会を実現するための材料・デバイスを創出することを目指します。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

金子 忠昭 教授

藤原 明比古 教授

基礎物質科学によりエネルギー材料開発を加速します

物質科学、放射光分析を基盤に、エネルギー関連材料の精密分析を行い、新規材料の設計へとつながる研究を推進しています。現在は、有機ポリマーを用いた高容量電池正極材料と次世代ディスプレイ制御素子用アモルファス酸化物半導体を中心に構造・物性評価とそれをもとにした材料開発を行なっています。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

藤原 明比古 教授

吉川 浩史 准教授

新しいナノ蓄電材料の創製により、高性能な蓄電エネルギーデバイスの開発を目指す

近年、環境問題やエネルギー問題から、高性能なエネルギーデバイスの開発は必要不可欠な研究課題です。本研究室では、様々な元素の特性を生かした有機および無機ナノ蓄電材料の創製をおこなうとともに、その蓄電現象の本質を解明することで、高性能な蓄電デバイスの実現を目指します。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

吉川 浩史 准教授

尾崎 壽紀 専任講師

新機能性材料創生から次世代エネルギーシステムの構築まで

超伝導物質を中心に結晶構造・組成・電子状態に着目し、構成元素の役割を理論的・実験的に解明すると共に、種々の材料プロセスを駆使することで既存材料の新機能発現及び新機能性材料を創生していきます。また、これら高機能性材料を用いた次世代エネルギーシステムを構築します。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

尾崎 壽紀 専任講師

大谷 昇 教授

省エネルギー半導体の開発を通して、持続可能な社会の構築に貢献する

シリコンカーバイド(SiC)と呼ばれるワイドバンドギャップ半導体の研究をしています。SiCは電車や電気自動車のエネルギーロスを大幅に削減できる半導体材料で、革新的な省エネ技術の一つとされています。SiC結晶の高品質化に向けて、欠陥発生の素過程解明や欠陥低減技術の開発を産業界と連携して行っています。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

大谷 昇 教授

日比野 浩樹 教授

二次元物質の新奇な機能を、ナノスケール物性計測に基づき探索する

グラフェンに代表される様々な二次元物質とそれらを組み合わせたヘテロ構造を、革新的な電子・光デバイスへと応用することを目指しています。 具体的には、二次元物質とそれらのヘテロ構造を高品質に結晶成長させる技術と、ナノメートルスケールで構造と物性を同時計測する技術に基づき、二次元物質の新たな機能を探索することに取り組みます。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

日比野 浩樹 教授

鹿田 真一 教授

いかに上手にエネルギーを使うか、に関して次世代パワーエレ材料・デバイス研究を行う

地球温暖化で危機的状況回避するため、2050年に世界で温暖化ガス排出を50%減らす事、そして近未来の化石燃料枯渇に備える事。この2つの課題の同時解決に、省エネルギー技術は最も重い責任を負っている。そのための次世代ワイドギャップ半導体材料、特に究極の材料「ダイヤモンド」を中心に取り上げ、マテリアルからデバイスに至る技術課題の解決を目指す。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

鹿田 真一 教授

田中 裕久 教授

エネルギー・環境機能材料を開発し、持続可能な社会へ貢献

100年後の暮らしやクルマ、生活を支えるエネルギーなどのビジョンを描き、それを実現するために望まれる技術を研究テーマに選定。国内外の産官学と連携して、液体燃料を蓄電媒体とする燃料電池、自動車の排ガスをきれいにする触媒、安全な水素社会を築く再結合触媒の開発に取り組んでいます。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

田中 裕久 教授

松尾 元彰 准教授

水素エネルギー社会を後押しする材料開発

私たちが普段呼吸しているように水素ガスを吸ったり吐いたりできる金属を用いた水素貯蔵材料や、固体中を金属イオンが高速に移動できる高速イオン伝導材料などの研究開発を行っています。これらの材料開発を通して、燃料電池自動車の加速的な普及や大容量次世代蓄電池の実現を目指します。

研究室のHPへ 教員紹介はこちら

松尾 元彰 准教授

学生実験準備室紹介学生実験準備室紹介

柚木 晶子 安田 徹

学生実験準備室では2年生、3年生で履修する学生実験の運営・指導を担当します。現在は、まっさらな学生実験室に新しい機器を揃えつつ、実験テーマを検討しています。研究室に配属になる前の学生の皆さんが、研究室で、さらには卒業後の職場で生かすことのできる技術・知識を十分に身に着けることができるよう、そして、「実験は楽しい」と思えるような学生実験を目指しています。

学生実験準備室の詳細はこちら

柚木 晶子
安田 徹