教授紹介

HirokiHibino

日比野 浩樹 HIBINO, Hiroki

職名:教授

 

研究室住所:

〒669-1337 兵庫県三田市学園2-1 VII号館2F

 

研究分野・キーワード:

二次元物質、表面物性、結晶成長、表面顕微鏡

 

メールアドレス:hibino.hiroki★kwansei.ac.jp

(★を@に置き換えてください)

 

ResearcherID:E-9443-2016

略歴:

1987年3月 東京大学理学部物理学科卒業
1989年3月 東京大学理学系研究科物理学専攻修士課程修了
2006年2月 博士(理学)早稲田大学
1989年4月-1999年1月 NTT基礎研究所
1999年1月-2001年6月 NTT物性科学基礎研究所
2001年7月-2003年6月 NTT先端技術総合研究所 企画部
2003年7月-2015年3月 NTT物性科学基礎研究所
2015年4月-現在 関西学院大学

 

この間
2000年1月-2001年1月 アリゾナ州立大 Visiting research professor
2007年4月-2015年3月 東京工業大学 連携教授
2007年9月-2012年3月 高輝度光科学研究センター(JASRI) 客員研究員
2009年4月-2010年3月 九州大学 非常勤講師
2011年4月-2015年3月 東京大学 客員教授

 

表彰:
・日本表面科学会 表面科学論文賞1996.11.28
・応用物理学会 講演奨励賞1997.10.2
日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会 榊奨励賞2008.9.16
日本学術振興会 マイクロビームアナリシス第141委員会 榊賞2012.9.27
・日本結晶成長学会第33回論文賞2016.8.7

 

国際会議委員:
・LEEM/PEEM-V Publication Committee member, October 15-19, 2006, Himeji, Japan
・ALC’07 Program Committee secretary, Oct 28 – Nov 2, 2007, Kanazawa, Japan
・SSDM 2009 Program Committee Area 8 Subcommittee vice-chair, October 7-9, 2009, Miyagi, Japan
・ALC’09 Executive Committee secretary, December 6-11, 2009, Maui, Hawaii, USA
・SSDM 2010 Program Committee Area 8 Subcommittee vice-chair, September 22-24, 2010, Tokyo, Japan
・NSS6 Executive Committee member, October 25-29, 2010, Kobe, Japan
・JAFoS Session chair, December 3-5, 2010, Chiba, Japan
・ALC’11 Program Committee member, May 22-27, 2011, Seoul, Republic of Korea
・SSDM 2011 Program Committee Area 8 Subcommittee chair, September 28-30, 2011, Nagoya, Japan
・ICSCRM 2011 Program Committee member, September 11-16, 2011, Cleveland, Ohio, USA
・SSDM 2012 Program Committee Area 8 Subcommittee chair, September 25-27, 2012, Kyoto, Japan
・ISGD-3, International Advisory Committee member, November 5-9, 2012, Saint-Aubin, France
・LEEM/PEEM-8, Guest Editor of the LEEM/PEEM-8 Workshop Proceedings, November 11-15, 2012, Hong Kong
・ACSIN-12 Program Committee member, November 3-7, 2013, Tsukuba, Japan
・ALC’13 Executive Committee member, December 2-6, 2013, Big Island, Hawaii, USA
・RPGR 2013 Organizing Committee member, September 9-13, 2013, Tokyo, Japan
・IUMRS-ICA Symposium C-7 co-chair, August 24-30, 2014, Fukuoka, Japan
・PacSurf Session champion, December 7-12, 2014, Big Island, Hawaii, USA
・ALC’15 Program Committee chair, October 25-30, 2015, Matsue, Japan

 

その他の委員:
・応用物理学会プログラム編集委員 6.5 表面物理・真空, 2006年4月-2008年3月
・日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会 企画幹事 (2007年2月-2009年8月)、庶務幹事 (2009年9月-)
・APEX/JJAP編集委員, 2012年4月-
・Physical Review Materials Editorial Board Member, 2017年7月-

 

主な研究テーマ

  • SiC熱分解法によるエピタキシャルグラフェン成長
  • グラフェン、六方晶窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイドの化学気相成長
  • 低エネルギー電子顕微鏡を用いた二次元物質の構造評価
  • SiC上エピタキシャルグラフェンの電気伝導特性

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.