Publications in Japanese

出版物一覧(日本語)

  1. 若林克法,
    グラフェンの電子物性におけるナノスケール・エッジ効果の理論,
    応用物理学会分科会, シリコンテクノロジー,
    「新材料系デバイスのモデリング技術」,
    No. 174 pp.8-13 (2014).
    ISBN: 978-4-86348-423-8
    2014年7月4日発行.
  2. 若林克法,
    グラフェンのエッジ効果理論,
    『応用物理』
    第82巻12号, pp. 1050-1053 (2013).
    c8212
  3. 若林克法,
    ナノグラフェンの特異な電子物性,
    『グラフェンの機能と応用展望II』
    シーエムシー出版
    2012年12月発行
    ISBN: 978-4-7813-0677-3
    11221651_50add9750fe58
  4. 若林克法,
    第2章, ナノグラフェンに現れる特異な電子物性,
    『グラフェンが拓く材料の新領域—物性・作製から実用化まで—』
    NTS出版 (2012年6月)
    ISBN: 978-4-86469-035-5
  5. 若林克法,
    第3章 グラフェンの基礎物性 2. グラフェンの電子状態とスピン,
    「グラフェンの最先端技術と拡がる応用展望」(尾辻泰一編),
    フロンティア出版 (2012年7月)
    ISBN: 978-4-902410-24-2
  6. 若林克法,
    グラフェンの電子物性とナノスケール効果,
    第56回物性若手夏の学校テキスト,
    物性研究, 2012年 2月号,
    vol. 97, no.5, pp. 977-1004.
    若林克法,
    ナノグラフェンの物性,
    特集:物理科学、この一年,
    パリティ, 2012年1月号
  7. 若林克法,
    研究者の視点「カーボンマテリアル研究に寄せられる期待」
    月刊 MaterialStage
    5月号, pp.30-31 (2011年)
  8. 若林克法,
    グラフェンの電子状態の理論的側面
    日経エレクトロニクス編集
    グラフェン・イノベーション、日経BP社
    ISBN: 978-4-8222-0299-6
    (2011年)
    日経BP書店にて購入。
  9. 塚越一仁, 若林克法,
    新たな世界を作り出した物質”グラフェン” - 流れを引き寄せた洞察力 -,
    科学, 岩波書店 (2011年)
    岩波書店 雑誌 科学
  10. 若林克法,
    ナノグラフェンの特異な電子物性
    炭素(TANSO) (2010年6月)
  11. 若林克法, 草部浩一,
    グラフェンシートの電子物性 – ナノグラフェン –
    日本物理学会誌解説 63巻 p. 344-352 (2008年5月)
    butsuri-cover-08-05
  12. 若林克法, 第20章 ナノグラファイト,
    平尾一之編, 化学フロンティア(9) ナノマテリアル最前線, (2002年, 化学同人).
    ISBN-10: 4759807373
    ISBN-13: 978-4759807370
    Buy at amazon.co.jp
  13. 藤田光孝、伊神正貫、中田恭子、若林克法、草部浩一,
    グラファイトの「欠陥」と「端」 — π電子系のナノメター効果 –,
    表面科学 vol. 19 (1998) 35–42.
  14. 藤田光孝,若林克法,伊神正貫,中田恭子,草部浩一,
    ナノグラファイトの電子物性,
    固体物理 vol. 32 (1997) 179 — 188.

機関紙, コラムなど

  1. 若林克法,
    エッジ磁性の直接観察?
    月刊 『化学』,
    2012年 6月号, vol.67, pp.62-63
  2. 若林克法,
    グラフェンのナノスケール・エッジ効果を理論的に解明する,
    CONVERGENCE Vol. 10 February 2012

研究成果報告書

  1. 若林克法,
    ナノグラファイトの電子物性と電子輸送現象に関する理論的研究,
    平成13年度 研究助成成果報告書 財団法人近畿地方発明センター
  2. 若林克法,
    ナノサイズ炭素系における電子輸送現象と ネットワークトポロジー効果に関する理論的研究,
    平成13年度 研究助成成果報告書 財団法人新世代研究所
    修士論文
  3. 若林克法,
    ナノグラファイトの磁気的性質に関する理論的研究,
    修士論文(筑波大学, 1996年3月).

講演要旨

  1. 若林克法、藤田光孝、中田恭子、草部浩一,
    端をもつフラーレンネットワークの磁気構造,
    第10回フラーレン総合シンポジウム 講演要旨集, p. 169-173. (1996).
  2. 中田恭子、藤田光孝、若林克法、伊神正貫、草部浩一、細矢治夫,
    端や欠陥をもつフラーレンネットワークの電子状態,
    第10回フラーレン総合シンポジウム 講演要旨集, p. 166-169. (1996).

テキスト

  1. “論理回路・ディジタル回路”, 広島大学工学部第二類(電気系) 電気工学基礎実験II(2001-2010)

Copyright © School of Science and technology,Kwansei Gakuin University. All Rights reserved.